筍ご飯をいただく、あんこを炊く


何かの折に栗や魚をいただく方から、たけのこをいただきました。

季節のもの、旬のものをいただくき、海も山も関係ない海幸山幸様です。

栗は近所の山で拾われるということで、昨年はいただけず。今年もまっております~と心で山の神様に祈ろう。

その際に、栗ご飯や甘く煮たりして季節外れの栗きんとんを食べたりした。色々煮た時の強烈なアクで琺瑯の鍋が茶色になり、

アクを消したり(酸素系漂白剤であっという間に落ちる)、服にシミができて、そちらのシミは取れず、着れなくなってしまった

高くついたよ、栗。。。しかしいい体験した。

そして、春はたけのこなり。

米ぬかなどが見当たらず、たまたま点けたテレビで筍のアク抜きをしていたのでそれを真似て

少量の米をお茶袋に入れて鷹の爪を煮てグズグズと炊く。

その筍は味噌田楽を作り塗って焼いてみました。後のほうが良かったかもしれないけれど、味噌が火でぶくぶくするのが見たい。

炊き込みご飯にも入れてちょっとした季節、自然の贈り物を頂いた気持ちになり幸せに。

こういう食生活はほっとするもので。

それでも時々身体の逆襲を得て、スナック菓子を食べてしまうのだけれど、やはり身の丈にある食生活はほっとする。

 

たけのこの栄養をみていると塩分を排出するカリウムなども豊富らしい。

塩分多めのスナック菓子とたけのこのちょっとした戦いが・・・。

好きな食べものはこのカリウム多めっていう野菜が好きだな。職業がら塩っけが多くなるらしいけど

塩っ気が好きだからそういう質かもしれないしなと思ったりもします。

タケノコ(筍)の栄養

 

あんこをうまく炊ける?作れるようになりたいというと、だいたいは友人に「買ったらいいやん」と言われるのだけど

あんこを美味しく作れる、炊き込んで試行錯誤をしたいのであって、食べたい訳ではないんだな。ここが味噌なのであります。

 

私は体験がしたいんだよね。食べたいわけじゃないというか。もちろんあんこを調理したら食べたいと思いますが、

あの試行錯誤がしたい、そのあんこ炊くのを体験したいということなのであります。

それと早くになくなって苦労かけた祖母があんこをうまく作る人でした。

昔の女性は、あんこなどは売っていないので祖母でなくても、季節の行事などの必要も含めて

自分で調理するのが当たり前だったのでできたのだろう。

心の中で祖母へのリスペクトの気持ちもあり、作りたいとおもっているんでないかということに気づいたのでした。

あまりソリが合わずに、ちょっと手こずらせていたようで、私もちょっと苦手で・・・な関係だったなと。

経験を重視するところなんて、私は月が水瓶座なんだな。。。と実感する。

 



 




 

天敵から逃げる方法ー

個人的趣味と天敵から逃げるための栄養をアップしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000