「ボヘミアン・ラプソディ」鑑賞

先日、ボヘミアン・ラプソディを鑑賞してきました。

 




 

前評判どおりに素晴らしかった。

クイーンってあのフレディ・マーキュリーの白いお姿のイメージが強いのですが音楽性は高く恐らく一番広く世界的に愛されているような気もするのだけれど、どうでしょうかね。

私が10代の頃はAIDSで亡くなられるアーティスト、ミュージシャンは多かったので悲しい思いをしました。蠍座冥王星を移動中。(蠍座は生と死)

ロバート・メイプルソープという写真家が好きだったので、この方も亡くなられました。

美しい花の写真が好きでした。そういえば、この頃植物をきれいに写す写真、自然を写す写真が多かったのです。

フレディさんが乙女座と知ってちょっと驚きとともに納得です。

そして様々なセリフからみると

射手座に月の可能性もあるかなと思います。時間によっては山羊座になりそう。

フレディの最後の恋人と共に写った写真を集めたサイトを発見。

フレディ・マーキュリーが最後の恋人と過ごした日々を写し取った貴重な写真

(マリオブラザーズみたいで可愛いですね)

楽しそうでいいですよね。少年が楽しく一緒にいて遊んでいる、じゃれている。

フレディ・マーキュリーは猫好きであったようですが、まるで猫がじゃれて遊んでいるみたいである。お友達とパーティなどではしゃいでいる姿もいいですね。

フレディ・マーキュリーが最も愛し、信頼した生涯の友人、メアリー・オースティンとの写真たち

映画ではとても寂しい姿で描かれている部分もありますが、

フレディ・マーキュリーのいうように

俺が何者であるかは俺が決めるということなのだ。

ちゃんと幸せな生活があり、幸せな家族、仲間がいるということなのだ。

家族や恋人と一緒にいるために無理することはないのですから。

 

https://youtu.be/H7umx1jgkoQ

 

天敵から逃げる方法ー

個人的趣味と天敵から逃げるための栄養をアップしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000